うつ病治療で注意したい!病院選びから対人関係まで

人間関係で注意したい事

うつ病は激しい気分の落ち込みを伴う病です。こうした病に罹っている場合、健康な状態とは異なる精神状態に至りますので治療に励むためには周囲の協力が欠かせません。特に人からのメールに返信できなくなったり外出も不可能になるケースが存在していますので、友達の理解を得るために事前にうつ病を打ち明けておく事が大切です。万が一病気を伝えていないために仲がこじれてしまった場合、そこから病が悪化する事もあります。また何よりも家族による支えは治療に欠かせません。

医師との問題を考える

うつ病に罹ってしまった場合精神科や心療内科に通院する事になります。一方医者と言えども人間ですから、患者さんと相性が合わない場合があるのです。こうした医師の下に通院し続けていた場合、患者さんのストレスが増してうつ病が悪化する事になりますので注意しましょう。特に医師から自分の資質や病気に関してネガティブな発言をされてうつ病が悪化してしまうケースが存在しています。医者はカウンセラーではありませんが、人としてあまりにも失礼な事を言う場合別の病院に通院するようにしましょう。

生活を見直す事も大切

うつ病に罹ってしまった場合、朝起きて夜眠る生活が送れなくなってしまう方もおられます。症状が重度な場合、無理をする必要はありませんが、社会復帰したい方は生活リズムを改善する事も大切です。うつ病治療には太陽の光を浴びたり体内時計に合わせた睡眠時間をとる事が大切と言う研究結果も存在しています。またバランスの良い食事は正常な精神の働きを助けてくれますので、偏食である場合必ず直すようにしましょう。研究者のなかにはビタミンBがうつ病治療に良いと言う方もおられます。

現代人はストレスに晒されているので、自分で気付かないうちにうつ病になっているかもしれないので、長期間経っても気力が起きない時には、うつ病チェックをすることをおすすめします。