沢山ある返礼品!ふるさと納税はどこにしよう?

やっぱりお肉が大人気

2008年に公布されて以来、よく耳にするようになったふるさと納税。納税額に合わせて、地域の特産品などが納税者に贈られますが、人気の物はなんといってもやはり「肉」です。長崎県の和牛、常陸牛などが沢山あり、更には、すき焼き用、しゃぶしゃぶ用と、種類も豊富です。中には分厚いステーキ用の肉なども。肉が大好きな人は、1万円の納税で同額程度のお肉を受け取り、住民税の控除も2割受けられるので、お徳な気分に浸れますよ。

日本人なら海鮮物も!

肉に続いて人気の商品となると、やはり、海鮮物です。長崎県の佐世保市などでは、網元特選と銘打ち、タイやアジなどが数匹つめられた海鮮セットが人気で、下処理がされているのも高ポイントです。届いたその日に煮付けや塩焼きにもできます。他の地域でも鮮魚を始め、干物や一夜干しなどが返礼品として並びます。中にはその地域でしか出回らないような地域特産品や、珍しい種類もあるので、これを機会にふるさと納税をしてみるのも良いかもしれませんね。

フルーツも欠かせない品物です

日本では多くの果物が栽培され、国外にも多く出荷されています。地域によっては、このフルーツをふるさと納税の返礼品にしている所も存在します。例えば大分県。意外と知られていないかもしれませんが、ミカンの生産で有名な地域で、返礼の品は温故ミカンが約3kg分と、箱一杯の品物です。山形県の天童市ではラ・フランスや、希少種でもある黄色いリンゴなど。食後のデザートとして、普段は目にしない、口にしない地方特産のフルーツはお勧めです。

ふるさと納税は、自分の気に入った地方自治体に寄付をし、寄付金に応じた贈答品を受け取れるという仕組みになっています。